住宅ローンにおける審査について


住宅ローンにおける審査について

住宅ローンとは、住宅やそれに伴う土地などのために使途を限定して金融機関から融資を受けることのできる金融商品です。 その返済期間は数十年と長く、金利が低く設定されているのが一般的で、銀行や信用金庫などの金融機関のほか、生命保険会社や信販会社でも取り扱われています。 日本における持ち家の購入費用は、数百万円から数億円単位であり、日本国民の平均年収を大きく超えるというのが普通です。
そのため、数十年にわたって返済を続けることで毎月の返済額を低く抑え、高額な住宅や土地を購入することのできる住宅ローンが登場しました。 住宅ローンの借り入れ条件には、収入や社会的信用などのほか、金融機関が指定した保証会社が連帯保証契約を締結させるといったことがあります。 申し込みの大まかな目安はパンフレット等に記載されていますが、詳細な審査基準は非公開ですので、クレジットカードやカードローンの返済は滞納しないよう、 融資を受ける際は普段から計画的に利用するよう心がけることが必要です。 銀行などの金融機関が審査を可決した場合でも、保証会社で否決された場合には保証会社の審査が優先され、 住宅ローンを利用できなくなってしまうおそれがあります。



ページTOPへ